四旬節第2主日

2017年3月12日(日)四旬節第2主日

福音(マタイ17,1-9)では、イエスがペトロ、ヤコブ、ヨハネをつれて高い山に登られ、そこでこの3人の弟子に、イエスの受難・死・復活の予告をなさったことが述べられています。

タボル山

教皇フランシスコは、3月12日(日)の正午の祈りの集いで次のように話されました。(バチカン放送局ホームページより)

この箇所は、イエスがペトロ、ヤコブ、ヨハネの3人の弟子を連れて高い山に登った時、イエスの姿が彼らの前で変わり、顔が太陽のように輝き、服が光のように白くなった出来事を記している。この時、弟子たちは、モーセとエリヤが現れてイエスと語り合うのを見た。

教皇は、「輝き」によって特徴づけられるこの出来事は、弟子たちの精神と心を照らし、彼らの師イエスが誰であるかをはっきりと理解させる目的を持っていた。

イエスはエルサレムへの途上にあり、そこで死を宣告され、十字架につけられることになるが、イエスはこの十字架という、弟子たちの信仰にとっての大きな「つまづき」に備えるため、またご自分の復活を予告するために、メシア、神の御子としての姿を現された。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>