天使メッセージ

2017年2月26日(日)年間第8主日 A年

福音(マタイ6,24-43)では、よく聞く次のイエスのことばが読まれます。 「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。」(マタイ6.26)

「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。」(6,28-30)

「『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。」(6,31-32)

教皇フランシスコは2月26日の正午のアンジェラスの祈りの時に、この日の福音を解説して、「すべての生き物に食べ物を与え、野の花を装う神の計らいに見られるように、わたしたちの毎日の生活もまた、神の恵み深く、配慮にあふれた眼差しに見守られている」と話さました。(バチカン放送局ホームページより)

aves del cielo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>